アンダーヘア 手入れ方法

アンダーヘアが肌荒れした場合の対処方法

アンダーヘアの処理はトラブルがつきもの。どうしても皮膚が弱い、敏感な部分なので脚、腕に比べると肌トラブルが多いです。

アンダーヘア処理のトラブルとして多い事例として以下のものがあります。

アンダーヘア処理はプロに任せた方法と自己処理によって処理する方法があります。どちらもトラブル事例はありますが、多いのは自己処理による肌荒れが目立ちます。

上記に挙げたよくあるアンダーヘアのトラブル事例をもとに原因や対処方法などを紹介していきます。

アンダーヘア処理トラブルの原因と対策

毛穴が赤くブツブツになる

アンダーヘアは他の部位に比べてもムダ毛が密集して太く硬いケースが多いです。特に脱毛すると少なからず毛根にダメージを与えるので炎症を起こして毛穴表面が赤くなります。

毛穴が赤くブツブツになる人は皮膚が弱く脱毛時に毛の流れに沿わせない抜いているケースもあります。

対処方法として脱毛後はボディローション、クリームを活用して処理した部分を保湿して外部からの刺激を保護してあげることが大切。

カミソリで剃る時などは必ずジェルを活用してムダ毛を柔らかく剃りやすい状態にしてから剃毛するようにしましょう。

皮膚表面を傷つけてしまう

これはカミソリ等の自己処理をしている人に多いトラブル事例です。

手元が狂ってカミソリで皮膚を傷つけてしまう事例も多いです。

対処方法としては手先が器用でないと難しいケースもあるので処理方法自体を見直してみる。

傷もケアせずに放置していると傷跡が残ったりメラニンが活性かして周辺が黒ずみ化しやすいので美容成分入りの保湿ボディクリームなどで傷が塞がってからケアすることが大切です。

埋没毛ができてしまう

埋没毛は皮膚にムダ毛が埋もれてしまう症状です。

原因は複数ありますが代表的な事例として皮膚が傷つき、かさぶたに毛穴が塞がれてムダ毛が外に露出しなくなってしまう。

毛先表面が尖ることで皮膚内に刺さり成長して埋もれてしまう。

このようなケースで埋没毛ができやすいと言われています。ワキ、VIOラインなど皮膚に弾力性がない部位が特にできやすいとされています。

埋没毛はできてからでは処理が大変になるので予防が大切。自分でキレイに処理するのが難しいと判断した場合はプロに任せたり、毛先を丸くするような処理方法を選びましょう。

アンダーヘアを細く、柔らかくすることも予防方法の一つになります。アンダー用トリートメント、抑毛ローションを活用してケアするの良い対策になります。

黒ずみ、シミができてしまう

黒ずみ、シミは毛穴に汚れが詰まって酸化してしまうケースや摩擦の刺激による色素沈着などが原因で発生します。

かぶれ、炎症も色素沈着が起こる原因です。

特にカミソリ剃毛は刃によって皮膚との間に摩擦抵抗が生じます。ジェルなど利用して滑りやすくするのは予防になりますが長期間のカミソリ剃毛は黒ずみやシミを作る原因としてあまり推奨されていません。

対処方法としてはカミソリ剃毛をやめる。
アンダーヘア処理後は保湿を重視することが大切です。

できれば自宅にいてリラックスできる時間は下着も締め付けがキツいものではなく緩い下着の方が肌への刺激を抑えることができます。

かゆみ、かぶれが起こる

デリケートゾーンの痒み、かぶれは色々な原因があります。

下着のなかで蒸れたり、生理前後の経血、おりものによる刺激、洗いすぎなども原因です。

アンダーヘア処理の中では除毛クリームを使ってVラインの処理をする人なんかは刺激が強いためヒリヒリ感があった後に痒み、かぶれを自覚する人が多いです。

対処方法として第一に清潔を保つこと。普段は通気性の良い下着を履くようにします。また生理前後は肌が過敏なためアンダー周りのムダ毛処理はやめておくことが無難です。

外部刺激によるかゆみ、かぶれは比較的、時間経過と保湿をすることで予防や自己治療で解決しますが、性病による痒み、かぶれ等は治せません。

最初は判断が難しいかもしれませんが、長引くようであったり心当たりがある…いつもと違和感が違う場合は産婦人科、皮膚科等で診断してもらいましょう。

皮膚が薄く、弾力性も少ないアンダー周りはトラブルが起こりやすいです。刺激の強い処理方法ではなく刺激の低い方法から処理を始めていくと良いです。

自己処理によるトラブルが心配な場合はエステ、クリニック等で相談してからプロに任せる方が安全性は高いと言えます。

トップへ戻る

おすすめ医療レーザー脱毛クリニック

アンダーヘア処理ができるエステ

アンダーヘアお手入れグッズ

アンダーヘア手入れの基礎知識

アンダーヘア処理でよくある質問